不動産売却についての情報が満載

不動産売却の反響が少ないときに調べたい「囲い込み」とは?

不動産売却の反響が少ないときに調べたい「囲い込み」とは? 不動産売却を予定しているならば、気をつけなければならないのが業者選びです。
中には囲い込みと呼ばれる、悪質とも言える方法でなかなか売却物件を売ってくれない業者があるからです。
売却物件の仲介をする不動産会社にとっての収入源とは、言うまでもなく仲介手数料です。
そのため、売主と買主の両方から手数料をもらうべく、売却物件を自社で抱え込んで他社には紹介しないというのが、囲い込みの手口となります。
従ってたとえ物件に興味がある人が現れたとしてもそれが他社からの依頼だったら、すでに申し込みがあるなどと偽り、結果的に売主の売却の機会が失われてしまうことに繋がってしまいます。
不動産売却は生涯の中でも決して頻繁に遭遇することではないため、業者選びは慎重に行いたいものです。
まずは依頼予定の業者がきちんとした会社かどうか、インターネット等で調べ、反響が少ないと業者については、避けるようにするというのもひとつの方法なのではないでしょうか。

不動産売却は囲い込みに注意!見抜く方法はこれだ!

不動産売却は囲い込みに注意!見抜く方法はこれだ! 不動産売却というのは、一生のうちに何度もあることではないため気をつけないと悪徳と呼ばれる不動産屋に当たってしまう場合があります。
囲い込みと呼ばれるその手口は、不動産売買の仲介業者が物件の購入者が自社で見つかるまで故意に物件を売れ残りにするという方法です。
このような囲い込みをやられると、不動産売却が速やかに行われないばかりか売却者が損をしてしまうという実害が発生します。
そんな悪徳とも言える会社を見抜くためには、国土交通省の検索を利用して、まずはその会社がきちんとした免許を取得しているかどうか調べるところから始めてください。
そして、大まかな物件価格を事前に知っておくことも重要なポイントです。
そのためには複数の業者から簡易査定でも構わないので、情報を取得しておきましょう。
それから、仲介手数料が適切であるかどうかを確認することも大切です。
このように不正な方法で不動産売却を行う業者を見抜くことは可能ですので、落ち着いて業者を選定することが納得出来る売却に繋がります。

新着情報

◎2021/3/2

希望価格より安くなってしまう
の情報を更新しました。

◎2020/12/1

不満があるときの対処法
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

売り出し価格の見直し方
の情報を更新しました。

◎2020/08/12

サイト公開しました

「不動産 反響」
に関連するツイート
Twitter