希望価格より安くなってしまう

希望価格より安くなってしまう

希望価格より安くなってしまう 不動産売却を考えている場合には希望売却価格があり、その価格で取引が成立できることを望んでいるでしょう。しかし、売主が安易に売却の意思を買主等に伝えると、売却希望価格よりも安く買いたたかれてしまうことがあります。
そもそも、不動産を売却をしたい場合は大きく分けて二つあり、一つは早く処分したいく又はそれに伴い現金が欲しい場合であり、もう一つは急ぎではないが活用もしないので処分してしまおうという場合です。
安くなってしまう可能性があるのは前者の場合であり、買主からすると売主は早く処分したいのだから、多少値引いても売買が成立するだろうと考え、足元を見られてしまうことがあるからです。
そのようにならないためにも、もし前者に該当するのであれば、不動産売却を打診する際には急いでいることやすぐに現金がほしいことは極力わからないようにし、また近隣の路線価や坪単価なども調べ、万全の準備をしてから売却したい旨の話をすることが重要になります。

不動産売却における媒介契約のメリットとは何か

不動産売却における媒介契約のメリットとは何か 不動産売却をする時の媒介契約には大きく分けて専属専任と専任そして一般の3つがあります。ではそれぞれのメリットは何かを詳しく見ていきましょう。
まず専属専任ですが、不動産会社からの報告頻度が他の契約よりも最も高く設定されている為、売り主が販売状況を把握しやすいというメリットがあります。また契約を結んだ不動産会社だけに仲介してもらうので、より広告費用をかけてもらえるというのも魅力です。
専任のメリットは、不動産会社からの報告頻度はある程度高く設定されている為、専属専任とまではいきませんが売り主がある程度販売状況を把握出来るというのは魅力です。他にも広告費用もしっかりとかけてもらえるので、不動産売却もしやすいというメリットがあります。
一般のメリットは、複数の不動産会社に仲介依頼をする事が可能なので、より買い手の幅が広がるというのが魅力ですし、不動産会社同士の競争原理が働いて、それぞれ営業活動をしっかりとやってくれるというのもメリットです。
このように不動産売却における媒介契約には、それぞれメリットがあるので、自分に一番合った契約を選ぶと良いです。

新着情報

◎2021/3/2

希望価格より安くなってしまう
の情報を更新しました。

◎2020/12/1

不満があるときの対処法
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

売り出し価格の見直し方
の情報を更新しました。

◎2020/08/12

サイト公開しました

「不動産 希望」
に関連するツイート
Twitter